モーゼスレイク市について

 シアトルから車で約3時間半ワシントン州のほぼ中央に位置するモーゼスレイク市、典型的なアメリカの砂漠地帯だがカナダから流れるコロンビア川の豊富な水のおかげで農、工業が盛んな街。近隣には北米一のコンクリート建造物グランドクーリダムもあり大量の水力発電で電力を供給している。また近隣には風力発電所も多数あり国内でも指折りに電気料が安い為日系を含めた外国企業の進出も目覚ましい。農業では特にじゃがいも、とうもろこしの生産が目立つ、じゃがいもは日本のマクドナルドやモスバーガーにも輸出されている。毎年夏には、湖でのボート遊びやグランドカウンティフェアと称されるお祭りがあり、ロデオやカーレース(デモリッション・カーダービー)や移動遊園地など家族連れでの観光には最適なシーズンである。盆地ならではの夏は暑く冬は厳しい寒さで米沢とよく似た気候をしている。最近では三菱スペースジェット(旧MRJ)の型式証明の取得に向け、飛行試験を市内のグラントカウンティ空港で行っている為多くの邦人が市内で生活している。

日本航空からプレゼントされたモーゼスレイクのシンボル的存在のモニュメント
夏場のPM8時過ぎの日没
湖でのチュービング
毎年8月にやってくる移動遊園地
デモリッション・カーダービー
ロデオ

モーゼスレイク市公式ホームページはこちらhttps://www.cityofml.com